活用方法紹介TOPへもどる

活用方法その9

A4ページ2枚を左右に見開きで印刷したいときやページ数の多い文書を印刷したいとき印刷料金を抑えたいときに大活躍の機能です。

集約印刷を使ってみよう!


1. レポート完成!ネットワークプリントで印刷して提出前にチェック。


やっとレポートが完成! さて、提出前の最終チェックはやっぱり紙がいいから、ネットワークプリントに登録して駅の近くのコンビニで印刷して電車でチェックしようかな。 ネットワークプリントサービスに登録っと…。えっ、ページ数オーバーで登録できない?! とんでもない超大作レポート書いちゃったよ、どうしよう。

ちょっとお兄ちゃん、何かいい方法知らない?


2. ネットワークプリント専用ドライバーで解決!

「ネットワークプリント専用ドライバーで集約印刷設定すれば半分のページ数にできるよ」だって。ネットワークプリント専用ドライバーってこの前パソコンにインストールしたやつだよね。集約印刷どうやるか教えて~!

※Webサイトや最新バージョンのスマートフォンアプリから、文書ファイルの登録時、2ページを1枚にまとめて登録することができます。


3. 集約印刷はネットワークプリント専用ドライバーで登録時に設定


「集約印刷なんて簡単だろ。ネットワークプリント専用ドライバーで登録するときに、N-Up印刷で2Upを選択すれば1ページに2ページ分がまとめて印刷されるんだよ。」
ans4-2-b

な~んだ、すっごい簡単じゃん!

「集約印刷にすれば1ページ分の値段で2ページ印刷できるから、料金も安くなって一石二鳥だよ。」 使用する紙の枚数も減ってエコ!私のお財布にもエコ!集約印刷っていいとこ取りだね。


※上記はWindows®用ドライバーで印刷する場合の説明です。
※Mac用ドライバーでの集約印刷方法はFAQ「2ページの文書を1ページにまとめて印刷したいです。」をご確認ください。



※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Macは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。